1枚だけ足りないと言われてしまった浮世絵開設

もう一度5階級が経ちます。持ち家の組み合わせをしていたときのことです。今は高齢になったマミーが買っていた浮世絵のパックが出てきました。製作ではありますが、印刷では乏しい、こぶし刷りの十数個の作品がセットになっている存在でした。状態も綺麗でカビやくすみもありませんでした。姉と一緒に暮らしているマミーに見せてみました。すでにそれほど視線がなさそうで、マミーは「あんたに与える」と言いましたので、しまっていても貧弱と、それを売ろうと思いました。僕は非常に丁寧に木容器を作り、容器の塗装も綺麗にしたのです。こういう浮世絵の版画パックをよりよく見せようと考えたのです。完成した容器に入れて、僕が私の住む市内で、断然信頼している古書ところに持って行き、見てもらいました。店主は一年中お借りしますので時刻を下さいと言ったのです。とうにワクワクしました。明日テレホンがありその古書ところに行きました。亭主いわく「宜しい雑貨だ。ただしこういうパックのインサイドの1枚だけが足りません。残念ですが圧倒的セットでないと購入ができません」と。がっくりと肩を洗い流し、帰宅しました。木容器に入ったこういう浮世絵は女房の着こなしクローゼットの上で眠っているのです。妊活マカ